セスキ炭酸ソーダで洗濯→襟の黄ばみもスッキリ!

Yシャツの襟の黄ばみの原因は、ズバリ皮脂汚れです。
セスキ炭酸ソーダは皮脂汚れを落とすのが得意ですが、洗濯には注意も必要です。

セスキで襟の黄ばみを洗濯する方法

セスキ炭酸ソーダのアルカリは、襟の黄ばみ汚れにピッタリです。
方法は簡単。
洗濯前の襟に1%濃度程度のセスキ水スプレーをシュシュっとふりかけて、15~30分ほど置いた後、普通に洗濯するだけです。
※参考セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方:簡単でビックリ

ただ、この方法だけでは落ちない襟の黄ばみもあります。
それは、シーズンを越して久しぶりに出した衣類の黄ばみです。これは、どのようにして洗濯すればよいのでしょうか。
襟の黄ばみ

久々に出した衣類の黄ばみを落とす

黄ばみは皮脂汚れが酸化したものですが、時間が経過すると衣類の生地そのものを変化させて、ひどい場合ですと破れの原因になります。

セスキ炭酸ソーダは黄ばみを落とす力はあるのですが、その分、すでに弱っている生地を更に傷めることもあるため、家庭でこの皮脂汚れを落とす場合は、あきらめ半分、「捨てるよりはマシ!」とばかりにダメモトで試すことをオススメします。

では、時間のたった襟の黄ばみのマイルドな落とし方を紹介します。

    用意するもの

  • 石鹸
  • 酸素系漂白剤(液体)
  • ドライヤー
  • 綿棒
  • ゴム手袋

液体の酸素系漂白剤は弱い酸性で、アルカリ性のセスキよりも作用が弱いため、生地の色移りや劣化が緩やかなので液体を選びます。(粉末の酸素系漂白剤はアルカリ性です)
ドライヤーでは漂白作用を高めるための加熱用。
綿棒は染み抜きをピンポイントで行うため。ゴム手袋は手あれ防止用です。

ではこれらを準備できたら早速しみ抜きをしてみましょう。
手順は以下の通りです。

  1. 石けんでやさしく洗い、油分を落とします
    セスキスプレーで洗濯したのに黄ばみが落ちないという場合は、この作業は不要です
  2. 黄ばみの部分に綿棒で漂白剤を塗ります
  3. ドライヤーを15センチ離して10秒ほど当て加熱します
  4. 様子をみながら、2,3度これを繰り返します
  5. しみ抜きした部分を水をしみこませた綿棒ですすぎます。
    (スグに洗濯するならこの作業はいりません)

ポイントは
目立たないところで試してから、襟の黄ばみに着手する
ドライヤーは加熱しすぎない(50度が目安)
しみ抜き作業後はスグにすすぐ(漂白による衣類劣化を抑えるため)

以上のことに留意してチャレンジしてみてください。
ただ、失敗すると、衣類の破れにもつながりますので、失敗したくないオシャレ着の場合はクリーニング店にお願いするのが無難です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク