セスキ炭酸ソーダで換気扇掃除|アルミのとき

油汚れのベタつく換気扇にセスキ炭酸ソーダがチカラを発揮しますが、換気扇がアルミのときはどうすればよいのでしょうか。

換気扇がアルミのとき

セスキ炭酸ソーダはアルミの掃除には不向きです。
セスキ炭酸ソーダの使用上の注意をよく読んでみると、アルミには使わないように表示されています。
セスキをアルミに使うと、化学変化で黒ずんでしまうことがあるからです。
アルミの油汚れ掃除には「重曹まで」という情報も散見されますが、重曹もしょせんはアルカリ洗剤。アルミを腐食させます。
塩素系、酸素系漂白剤などもアルミの劣化につながりますので、油は劇的に取れますが好ましくありません。

換気扇がアルミのとき、環境にやさしい方法でお掃除したいなら、油でヨゴレをなじませて拭き取ったり、小麦粉に油分を吸い取らせたり、スチームで掃除・・・といった方法があります。
しかし、どの方法も、あの細かなフィルター掃除については現実的ではありません。

では換気扇がアルミのときは、どうすればいいのでしょうか・・・。

アルミの油汚れには界面活性剤!

アルカリでも、酸でも腐食の心配があるアルミは、中性洗剤できれいにするしかありません。界面活性剤でヨゴレを落とすのが正解です。
普通の食器洗い用の洗剤で熱めのお湯で掃除するのが、アルミ製の換気扇フィルター掃除の落としどころになります。

でも、やっぱり、ラクして綺麗にしたい・・・。ですよね?

クエン酸や重曹を使う

アルミにやさしいかどうかよりも、綺麗にしたい!
こういったときは、クエン酸や重曹をオススメします。
また、アマゾンや楽天で換気扇掃除を検索すると、業務用の洗剤も扱っていますので、この際、それを使ってみるのも一つです。
ただ、業務用でもやはりアルミそのものの腐食を進めてしまうものがあることをお伝えして、この記事を終わります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク