セスキ炭酸ソーダでする換気扇フィルター掃除

油汚れをらくらく落とす、セスキ炭酸ソーダ。
換気扇のフィルターや、シロッコファンもあっけなく綺麗になります。

換気扇フィルター掃除に準備するもの

段取りを良くすると、手際もよくなり、換気扇掃除がより手早く出来るようになります。
まずは、換気扇掃除の準備です。

  • セスキ炭酸ソーダ
  • 大さじ:セスキ計量用
  • 軍手:ケガ防止のため
  • 新聞紙:作業場の確保。下に敷くので大目に
  • ビニール袋:セスキつけおき用とゴミ捨て用
  • バケツ:つけおき用。なくてもどうにかなる
  • 古い歯ブラシ:掃除用
  • ゴム手袋:手あれ防止用

他に、ぼろ布、スポンジなどがあるといいですね。
また、セスキの苦手な研磨には重曹、ヨゴレをなじませるのに使い捨て油があると便利です。

フィルター掃除の手順

換気扇掃除のとき、一番重要で、真っ先にすべきことがあります。
それは・・・
換気扇の電気プラグを抜くこと!
忘れて分解すると思わぬ感電をすることもありますので、これは絶対に忘れないでください。
電源がわからない場合は、配電盤を見て、キッチン周りのブレーカーを落としてフィルターやシロッコファンの取り外し・取り付け作業をすると安心です。

では、本題の換気扇フィルター掃除ですが・・・

  • step1
    シンクにフィルターが収まるようならば、シンクに大きめのビニール袋の口を広げて、そこでセスキ炭酸ソーダ1%液につけおきします。
    このとき、お湯で作業すると、より落ちやすくなります。

    フィルターが収まらないようならば、新聞紙を重ねてお風呂場に敷き、その上にビニール袋に入れたフィルターを置き、1%溶液に浸します。このとき、セスキがこぼれださないようにビニールの口を閉めるなど、工夫してください。

  • step2
    古い歯ブラシなどを使って、浮いたヨゴレを落とします。ブラシ作業ですので、周囲への飛び散り対策に、新聞紙を敷くなどするとよいでしょう。
  • step3
    残ったヨゴレを台所洗剤とスポンジで洗い、終了です。
  • 最後に、ポイントとして・・・作業は冬よりも夏がオススメです。
    油は温度が高いほうが柔らかくなるため、汚れも落としやすくなります。
    また、セスキ炭酸ソーダは50度を越えるお湯ですとより効果を発揮しますので、つけ置きの際はお湯にするといいですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク