セスキ炭酸ソーダで風呂の鏡を掃除。

皮脂汚れ、タンパク汚れに強いセスキ炭酸ソーダはお風呂掃除の強い味方です。お風呂場の鏡の汚れを掃除してみましょう。

風呂の鏡にクエン酸はNG!ダメ、ゼッタイ。

風呂場の鏡や洗面台の鏡を白くウロコ状に曇らせてしまう原因、それは水垢です。
水垢はアルカリ性の汚れのため、同じアルカリ剤であるセスキ炭酸ソーダは、残念ながら鏡の掃除に向いていません。

セスキと風呂の鏡

そこで、よく目にするのが
クエン酸での鏡掃除法。
鏡がピカピカになると評判ですが、実はこれ、大きな落とし穴があるのです!!

試しに、あなたの家のお風呂の壁に磁石をつけてみてください。おそらく、磁石がつくはずです。
意外と知られていませんが、ユニットバスの壁は金属であることが多く、浴槽内もステンレスなどが使われていることが多いのですが、実は、クエン酸は鉄、ステンレスを含む全ての金属を腐らせる性質があります。

鏡をキレイにする代償として、浴室の見えない部分を丸ごと、確実に腐食させますので、ユニットバス全取替え・・・などという考えたくもない高額な支払いが待っているいかも知れません。
・・・というのは大げさかも知れませんが、鏡の止め具などを劣化させて思わぬタイミングで鏡が落下して割れる・・・ということも考えられますのでクエン酸での掃除はオススメできません。

では、どうやって鏡をキレイにすればよいのでしょうか・・・。

鏡にはクリームクレンザー

鏡の水垢を研磨剤で物理的に取り除くのが問題ないようです。
歯磨き粉、クレンザーを使って磨きます。
歯磨き粉ならドラッグストアにわざわざクエン酸を買いに行く必要もないのですから、簡単ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク