セスキ炭酸ソーダでお風呂のカビ対策

油脂汚れやタンパク汚れに効果的なセスキ炭酸ソーダは、お風呂掃除の強い味方になります。
お風呂には、皮脂汚れがいっぱいだからです。
では、気になる、お風呂のカビ掃除には向いているのでしょうか?
セスキ炭酸ソーダで風呂掃除

セスキ炭酸ソーダでのカビ掃除

一般に、カビ掃除にはアルカリ剤は向いていません。
ですので、お風呂のカビ掃除にはセスキ炭酸ソーダ水を使うより、素直に漂白剤を使うことをオススメします。
塩素系ですと換気が悪いと、めまい、吐き気などを催すことがあり危険ですので、酸素系漂白剤を用いると良いでしょう。

セスキ炭酸ソーダは、タイルの目地などに頑固にはびこってしまったカビに対してよりも、むしろカビ予防に活躍するといえます。
カビになりそうな場所にシュシュっと吹きかけておくと、カビのエサとなる皮脂汚れ、タンパク汚れを落とすので、カビが発生しにくくなりますし、セスキ炭酸ソーダ水なら、塩素のようにニオイが気になることもなく、安心です。

タイルの目地や隙間のコーキング剤は、物理的にこすると早く痛んで水漏れを起こすこともあります。
清潔を保つのはもちろん、湿度と温度(あたたかいとカビが活性化します)に気をつける必要があります。
もし、お風呂にカビが生えてしまったら、漂白剤で落とすなどして、再びカビを発生させないようにするために、セスキで対策するのがラクですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク