セスキ炭酸ソーダでトイレの黄ばみを落としてみる。

スプレーして拭き取るだけで、簡単にお掃除できることで人気のセスキ炭酸ソーダでトイレの黄ばみは落ちるのでしょうか。どれだけ万能なんだ・・・セスキ炭酸ソーダ・・・。

トイレの黄ばみ:床・壁編

トイレの床、壁の黄ばみは、いわゆる「飛び散り」によるもの。これをセスキ炭酸ソーダ水で落としてみましょう。

まずは、1%程度のスプレーをします。
セスキ炭酸ソーダスプレーの作り方:簡単でビックリ
次にメガネクロスで拭き取ります。
メガネクロスは壁紙や微妙にエンボスの入ったビニール床の細かな隙間もきれいにしてくれるので、オススメです。
こんな簡単なことなのに、予想以上にスッキリします。

このときの注意点は

  • まずは目立たない部分で試すこと。
    壁紙の寿命は8~10年と言われていますので経年劣化で剥けてきてしまうかも知れません。目立たない部分で試すのは、お掃除の定石ですね。
  • 次に、やさしく拭き取ること。
    床材よりもデリケートな壁紙ですので、やさしく拭き取ります。また、チカラを入れてゴシゴシしてしまうとメガネクロスなどのマイクロファイバーの微細な毛が寝てしまうことがあるので、お掃除効果が減ってしまいます。

では、気になる便器の黄ばみを落としてみましょう。
トイレ

トイレの黄ばみ:便器編

便器の黄ばみの原因はずばり、尿石です。
尿石とは、本来酸性だった尿が時間が経つにつれアルカリ性になり、カルシウム化合物になってしまったものです。

ですので、残念ながら、尿石と同じ性質のアルカリ性であるセスキ炭酸ソーダでは効果は期待できません。
重曹やクエン酸でのトイレの黄ばみ撃退法を試してみてください。重曹はアルカリ性ですが研磨作用があります。

それでも取れない、頑固な黄ばみですと、酸性の薬品で落とすことになります。具体的にはサンポールなどでしょうか。
便器にサンポールをかけ、小一時間ほどしたのち、トイレブラシをかけます。ただ、サンポールは強い溶剤ですので、使用上の注意をよく読んでお使いくださいね。
特に、まぜるな危険!に注意です。

頑固な汚れになる前に、トイレはこまめに掃除したいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク