セスキ炭酸ソーダで洗濯槽を掃除する

一見してわからないけれど、洗濯槽の裏側にはびこったカビやばい菌で衣類が汚れていたり、臭ったりすることがありますよね?

そこで、洗濯機そのものをキレイにする洗濯槽クリーナーが登場するわけですが、界面活性剤や漂白剤が主な成分である商品が多く、小さなお子さんのいる家庭では合成洗剤への不安もありますでしょうし、環境負荷も心配です。

そこで、無機物で環境負荷の少ないセスキ炭酸ソーダでの洗濯槽掃除をご紹介します。

洗濯槽画像

セスキ炭酸ソーダでの洗濯槽掃除方法

掃除法は至って簡単。

  1. セスキ炭酸ソーダを600グラムほど洗濯槽に入れます。(注
  2. 水を最大量張ります
  3. 5分ほど洗濯機を回し粉末を溶かします。
  4. 4:しばらく放置します。(3時間くらい。つけ置きの効果を期待します)
  5. 5:通常通りに洗濯機を回します(すすぎ、脱水まで)

たったこれだけです。

しかし、注意点があります。
それは、なるべく頻繁に、定期的に洗濯槽のお手入れをすること。

しばらくお掃除を忘れてしまった洗濯槽の頑固なカビ汚れをしっかり落としたい場合は、やはり、塩素や界面活性剤、酸素系漂白剤のほうが断然効果を発揮します。

洗濯槽掃除の洗剤

洗い上がりの洗濯物にこげ茶色の海苔のようなものが付着してきた、洗濯物からの異臭が気になる・・・そういった場合では、市販の洗濯槽クリーナーや漂白剤の出番です。

ワイドハイターなどの酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)や各洗濯機メーカー、洗剤メーカーで販売している洗濯槽クリーナーでの掃除が定番となっています。
これらでの掃除はメーカーによりまちまちではありますが2~3ヶ月に一度の使用が推奨されていますが、セスキ炭酸ソーダだけでの洗濯槽掃除となると、異臭が気になる前に、もっと頻繁なお手入れを定期的にすることが必要になります。
※重曹での洗濯槽掃除はアルカリが弱いため、あまりお勧めしません。

洗濯槽にカビやばい菌を増やさない方法

洗濯槽にカビやばい菌を増やさない方法があればなぁ・・・と思いますが、洗濯機と水は切っても切れない縁。

普段からできることは

  • 洗濯機に洗濯物を入れっぱなしにしない
  • 洗濯が済んだら、フタをあけて、風通しを良くする
  • 乾燥機能のある洗濯機ならば、できるだけ洗濯槽を乾燥させる(最低週1回)

など、
乾燥を心がけること。

また、
洗濯にはカビの元になりやすい溶け残りや石鹸カスを避け、セスキ炭酸ソーダなど溶けやすく無機物のものを使うのも一つです。

衣類をキレイにする洗濯機で、かえって洗濯物が汚染されることは避けたい。
洗濯機こそ、見えない裏の裏までキレイに保っておきたいものですね。

注:使用量は1%程度の濃度が目安です。洗濯槽の容量によって、使用量がまちまちなので、最大水量60リットルの洗濯槽と換算して600グラムとしました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク